スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

没入感について考える ~背景モデル編~

今回はOculusRiftのアドベントカレンダーですよー。遅刻。

さて、いきなりですがOculusRiftと言えば没入感ですよね。
3Dを用いた立体視によってまるでそこにいるかのような……そんな感じ。
でも、色々見てみると、コンテンツによって没入感が違う感じがしました。
今回は動きなどではなく、もっと視覚的な面から考えてみます。

まずはこちらの画像をご覧ください。
112.jpg

The 砂漠。

これは現在製作中のOculusゲームのα版の時のイメージ画像です。
なんでイメージ画像かというと、MMDで似た感じにしただけで、ゲーム画面のスクショじゃないからです。
ちなみに真ん中にいるのはモンスターです。
こいつを倒します。

とまぁこんな感じでごく初期の頃はこんな感じでもの寂しいものでした。

113.jpg
全景見てみると、真ん中編にポツネンと建物が立っているだけの砂漠ということがわかります。

114.jpg
城はこんな感じ。
結構素敵なのですが、背後にあるため、下手すると気がつかないようなものでした。

すごく今更なのですが、よくよく考えたら砂漠のど真ん中に城がぼつねんとあるのって物凄くシュールですよね……。

α版の発表のとき、教授方に言われたのが「没入感無くない?」という無慈悲なものでした。
発表のあと、チームの3人で相談した結果出た結論が「視覚的情報量が少な過ぎて現実感が薄い」というものでした。

そういうわけで、町を作成し、見た目情報量を増やしたのがこちらです。
115.jpg

劇的☆ビフォーアフター。

これは最終版で、まぁここに至るまで結構紆余曲折あったりしました(ボリゴン数が16万とかいったり)。
いわゆる生活感を出すことにより現実感を向上させ、没入感を高めるという作戦でした。

ちなみに全景はこんな感じ。
116.jpg
ポリゴン数を減らすため見えないところを全力で削っているため、後ろからみるとかなり寂しいことになってたり……。

117.jpg
お城もより豪華で素敵になっています。

で、この結果は成功かというと……。

概ね成功だと思われます。

というのも、一昨日12月23日にTech Nestという学生技術者向けイベントでロケテをさせていただきました。
その際、「没入感があってよかった!」という感想をたくさん頂きまして、「よかった、狙い通りに没入感出せたみたいだ」ということになりまして。

やはり狙って演出をするというのは大切なようです。

これはチームメンバー内での感想なんですが、視覚的情報量を増やすことにより、町だけ出してもその町にいるような感じになれる、というレベルです。
作り込みって大事ですね……。
まぁ、こういうことが出来るのも、デザイナーならではのような気もしますが。

没入感を演出するためには、情報量を増やすということが大事、ということだと思います。
今回は視覚的情報量に注力してでの没入感の出し方ですが、SEなど音などの情報を足してあげると更に良いでしょう。

でも、ただ情報量を増やすだけではダメです。
立方体が並ぶ空間をOculusで見てもあまり没入感を感じないように、無機質な連続はそれだけで没入感を削いでしまいます。
「生きているような」情報を増やすのが大事なのです。
たとえばMikulus。
これはただミクさんが立っているだけのアプリですが、没入感は結構あります。
というのも、ただ立っているだけのミクさんが、ほんの少し恥ずかしそうにしながらじっとこちらを見つめてきているからでしょう。
「こちらの動きに反応して動く」「まばたきをする」「髪の毛が物理法則によって揺れている(ように見える)」「見つめること、見つめられることに大してミクさんが恥じている」
敢えて没入感の要素を出すならこういうことでしょう。
ミクさんが生きているように見えるから没入感がある、とも言えます。

つまり、没入感に必要なのは空気なのです。
整然と整頓された部屋より、ものが散らばっている部屋に生活感を感じるように、人は視覚から場の雰囲気を、空気を認識します。
その空気を如何に彩るかが没入感を演出する上で大切なように思います。

人間は外界の情報の大半を目から得ています。
そのことを考えると、没入感を演出するにはやはり視覚から攻めるのが最も効果が高いと言えそうです。



で、このゲームですが、抽選だか先着だか選考だか知りませんが、出展許可が出れば東京タワーのオキュ会に出展します。
また、1月21日までの間にあるオキュ会やOcuFesにも積極的に持ち込みする予定ですので、もし見かけた際は是非とも遊んでやってくださいませ。
タイトル画面やステージセレクト画面、それからこの記事のステージ含む3ステージという豪華内容(の予定w)です。
まぁ、要はワンパッケージです。

詳細は分かり次第、随時Twitterやブログなどで告知していきたいと思います。


ちなみにこのゲーム、僕の担当はプログラムとモーション、リギング、物理設定、ステージ1と3のモンスターのモデリングなので、実は背景のモデルは他の人です。
だ、大丈夫、掲載許可はもらってるから!!!!


僕のリソースがすごく多いのは気にしてはイケナイ。
スポンサーサイト

OcuJam

OcuJam西新宿参加してきましたー。
今回作ったゲームは「カフェデート」
どういうゲームかというと、カフェで女の子とデートするゲームです。
よくあるデートゲームみたいに1対1ではなく、大量のモブがいるのが特徴です。
仕様的にはモブも反応するんですが、プログラマさんが新しく導入したアセットに苦戦し、2日じゃそこまで行かなかったという……。
Oculus単体で遊べるゲームなので、いずれ公開したときにはまた告知すると思うんで、遊んでやってください。

ちなみに、僕はモデル及びモーション担当でした。

初心者向け(多分)OculusRift

Twitterでフォローしてる人がOculusRiftの初心者向け記事ないなー、って言ってたので書いてみようと思います!
5_201408311809145a7.jpg


まず、そもそもOculusRiftとは何か、ということから。
OculusRiftというのは、アメリカにあるOculusVRという会社が作っているヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)です。
 OculusVR【http://www.oculusvr.com/】(※英語)
VRというのはバーチャル・リアリティのことで、リアルな二次元世界……という話です。
実は日本と外国では解釈が違うらしいのですが、そこは省略。
とはいえ、この説明だけではわかりづらいと思います。
では、ざっくり言います。

二次元の世界の嫁に会いに行けるゴーグル!なのです。
このOculusRiftを被ると目の前に嫁が現れます。
比喩でもなんでもなくわりとマジで。

いやまぁそれ以外にも、本当は部屋にいるのにジェットコースターに乗れたり、車の運転が体験できたり、スカイダイビングができたり、乗馬ができたりというアイテムなのですが。

この秘密は、OculusRiftの装着側を見るとある2つのレンズ。
左右微妙に違う映像を見せることにより、立体的に見えるのです。
原理的には、子供向け雑誌によくある赤と青のセロファンが貼ってあるメガネをかけて見るイラストや漫画、飛び出す映像の映画、3DSなどと近いものがあります。
4_2014083118070985d.jpg

人間の目がものを立体的に把握しているのもこの原理です(両目視差といいます)。
しかも、画面の端が見えない上、頭の動きにほぼ完璧に追従するので(その空間の上も左右も後ろもどこも見えます)、まるで自分がその世界に入り込んだかと錯覚してしまう程です。

そもそもHMD自体はかなり昔からある(それこそバーチャル・ボーイとかそうだし)んですが、今までものすごく高価だったんですよね。
それこそうん百万とか。
飛行機の操縦桿のシミュレーターなど、大きな企業などしか持っていなかったんですよね。
そのため、一般人はそもそも存在すら認識していなかったものなんですよね、HMDって。
では、なぜOculusRiftがこんなにも話題になってるのかといえば、その価格なんですよね。

350$(日本円換算で大体3万5千円)なんですよ。

しかも、高性能なジャイロ(頭がどの方向を向いているか感知する機能)や加速度センサ(頭がどのくらいの速さで動いているかを感知する機能)や画面の端が見えない画面などからすると、あまりにも破格なお値段なのです。
それもひとえに、小さく高解像度な画面が安くなったのがあるんですよね。ありがたや。

このOculusRiftですが、いくら3万という破格なお値段とはいえ、一般的に見ればお高い(しかも、関税もかかる)ですよね?
「いきなり冒険なんてしたくないなぁ……」という人は、体験しに行きましょう!
関東、特に東京にお住いの方なら、秋葉原のG-tuneさんに常設展示があります。
 http://http://www.g-tune.jp/garage/
ちょっと裏通りにあってコワイかもしれませんが、大丈夫、全然怖くないです!!!
九州、特に長崎にお住いの方には、ハウステンボスに常設展示があります。
 詳細→http://www.ocufes.jp/2014/07/833/
関東や九州にお住いじゃない人は、様々な地方で行われる体験会、Oculus FestivalことOcuFesに行きましょう!
 OcuFes→http://www.ocufes.jp/
また、突発Oculu会が起こったりするので、Twitterアカウントを持っている方は時折Oculusでggると幸せになれます。
あと、金魚草さんという方が頻繁に女性向け体験会を行っているので、「男性の目の前でキャーキャー言うの恥ずかしい……」な人は是非ともフォローしましょう!
また、金魚草さんオリジナルの添い寝アプリもありますので、「大好きなあのキャラと添い寝したい!」なーんて人もオススメですよ!
 金魚草さん→https://twitter.com/kingyo_sou

で、このOculusRiftなんですが、現在はまだ開発者向けということで実は一般向け用じゃなかったりします。
同じHMDであるSONYのMorphiusがめちゃくちゃスタイリッシュなのに比べて、かなり無骨なデザインなのはそのせいです。
でも、買おうと思えば一般の人でも買えるんですよ。
あ、購入の際は公式サイトから買ってくださいね。
 買い方→http://www.moguragames.com/entry/oculus3/
何分英語なんでコワイかもしれませんが、大丈夫、ご安心ください。
ちゃんと届きます。
間違っても仲介業者のゲッコーでなんて買ってはいけませんよ!
最悪届きません。

ちなみに、一般向けは来年発売だそうで。
きっとかっこよくなってるはずです!多分!



筆者オヌヌメのソフトは、やはりRiftCoasterとMikulusでしょうか。

RiftCoasterは、Oculusと言ったらこれ!とも言えるソフト。
自室にいるのにジェットコースターに乗れます。
僕はOculus持ってたら毎日やりたくらいです。
6_2014083118115657d.jpg
目の前に扇風機を置くとより怖さUPです。
参考↓


Mikulusは……超絶美麗なミクさんが目の前に!! 恥ずかしい!!な、ソフトです。
いるだけなんですが、ちょっと照れ顔で、どう動こうともジッとこちらを見つめてくるミクさんにもう胸キュンなソフトです。
最近新しく出たばかりの開発者向けVer.2にも対応したバージョンもあります。
参考↓


これらはあくまで動画なので平面ですが、これが実際は立体に見えます。
胸熱です。

HMDはようやく一般的になりだした、といった感じのものです。
興味のある人は是非とも被ってみてください。
百聞は一見に如かず。
バーチャル・リアリティは体験してこそその凄さがわかるんです!


あ、実はOculusRiftのアプリは個人でも開発が出来ます。
もし「開発したい!」な方はggるといっぱい出てきます。
……ぼ、僕に聞かれても困りますからね?!

OculusRift勉強会

23日にあったOculusRiftの勉強会行ってきましたー。
開催者真っ青の集まり具合だったそうで……。
キャンセル待ち大発生してたみたいですね。

会場ではまずわっふるめーかーさんにDK2を借りてとりあえずどれくらい出るか実験。
結果、垂直同期入れてなかったんでfps安定しなかったんですが、瞬間最大100以上をたたき出す、なーんてことに。
880M単体での結果です、ご査収ください。
で、個人的一番の収穫は、グラフィックボードを常に利用する設定でした(´ω`)アハ
いやー、MMDでビームマンPさんのエフェクト(特にシンプルマジック)がクソ重いと思ったら、PC側で勝手に判断してMMDはIntelの方を使用してたらしく……道理で……。
880M側を常に使用するよう設定したら、重い事で有名なエフェクトいくつも積んでも60安定に!凄い。
なので、勉強会中、キャラを変えながらサイバーサンダーサイバーをリアルタイムで再生してました。
 積んでたエフェクト一覧
 ・AutoLuminus4
 ・S5ShaderSkinLite
 ・HgSAO
 ・MotionBlur2
 ・AlternativeFull自作シェーダー
 ちなみにS5ShaderがLite版なのはそっちのが色味が好きだからなのです……。
これで50以上出てるんだから、相当ですよ。
流石グラフィック領域最大級の8GB。でも流石に水面エフェクト200倍サイズとかだとガッツリ持ってかれたけど。

おきゅ勉ですが、普段見かける方以外に、結構初めて見る方もいまして。
まー、流石に150人でしたっけ?そんだけいれば知らない人もいるよねーってわけです。
でも、逆にいえば、Oculusの勉強会やるよー!っていったらそんだけ集まるようにもなったとも言えるわけで。
これが1年前だと50人も集まらなかったんだろうなぁ……去年って言ったら僕もまだ知らないし。
主にGOROmanさんが凄いんだろうな。

……っていうか、よくよく考えてみればこの半年、GOROmanさんをはじめとしたOculusに興味を持ったベテランSEさん達やグラフィッカーさん達、果てはOculusVR社の社長ことPalmerさんにまで会ったんだから、相当激動だよなぁ、と今更ながら思ってみたり。
あいも変わらず僕は今だにグラフィックが主だけど、Unity始めちゃってたり。
随分環境というか、自分の立ち位置変わっちゃったよなー、などと不意に感慨深くなってしまいました。
色々お声がけしていただいたりとか、色々、うん。
半年後は一体どうなってるんでしょうねぇ……。



そういえば話大脱線しますが、MMD杯出てます、本選だけ。
ドラゴンと超絶リアル顔幼女配布してます、ご査s(ry
次回はちゃんと動画作ります、たぶん。

豊橋OcuFes

6月1日(日)に愛知県の豊橋であったOcuFesに参加してまいりましたー(´・д・)」
ちなみに東京から手妻師こと藤山氏の車にHashilusと共に積まれて行きました。

当初僕は車に余裕があったから連れてってもらっただけで、特に展示する予定などありませんでした。
本当に体験して全部体験しちゃったら端でほにゃほにゃするだけの予定でした。

……が、そうでもなく。
藤山氏が持ち込んだ新作、「MKリフレ」のモーションを展示開始前に作るわ、展示開始後は全体の半分くらい操作やるわと意外と多忙でしたw
ちなみに暇なときは寝てました(徹夜明けだったため)。

普段は東京周りのOculus関連に参加しているため、いつものメンバーが全然いないOcuFesというのも中々に新鮮でした。
安定のGOROmanさんは大阪での用事のあといらっしゃいましたが!
あと何故か主婦さんがいました。
てっきりGOROmanさんと一緒に行動してたのかと思えばそうでもないようで……謎だ。

さて、あんまり時間なかったんで全部体験できなかったんですが、作品の感想をば!

「見習い空賊と天空の少女」
これは超会議のとき、タイミングが合わず体験出来なかったソフト。
レア様を助けるゲームなわけですが、どことなく小っ恥ずかしい感がww
やや棒読みな音声が逆に小っ恥ずかしい感を煽るこの感じ()
僕の感性はスレ過ぎてるのであんまりアテになりません(ちょ

「公園彼女」
MKリフレのプログラムも担当しているaiminoさんの作品。
頷いて肯定、横に振って否定の分岐他、見つめたり、実は猫がいたり、色々凝っていてよくできています。
しかし僕は変なとこ見てまして、女の子の横顔のラインと後ろ髪の構造ばっか見てました……(職業病

「つんつんTuneちゃん」
3Dスカルプトにおいて使用出来るペン形3D感知デバイスを使用した作品。
ボールをなぞってる感が素晴らしい。
個人的にはTuneちゃんと握手だけじゃなく、つっついたときの感触も欲しかったです(間に合わなかったらしいですが)。
ちなみにこのデバイス、結構お高いようで……おおふ。

「電脳フィギュア」
ARマーカーとOVRVision、LeapMotionを使った桜XSちゃんをぐりぐり眺め回せる作品。
傾けるとバランス崩したり、なでなで出来たり芸が細かい。
パンツを見たいがためにバランスを崩す仕様を入れたとか……煩悩ェw

「VR手筒花火」
本物の手筒花火の手筒を使った作品。
もうちょっとレスポンスが欲しかったかなー感はちょっとあります。
そして手筒重いw
個人的には手筒下部から火が噴出した後、したに向けて下ろすのをやりたかったです(無茶ぶり)。

「MikuCoro ちくわ」
主婦さんの作品ちくわVer.(ちくわは豊橋の名産です)。
音符の他にちくわが増えてたり、50点越えるとちくわが降ってきたり、100点越えると花火が上がったり。
見た目的にゴージャスになって帰ってきました。
ただ、あのボールがふよふよする操作感は変わらず、やや転がしにくいのは相変わらずでした。

こんなもんでしょうか。
感想書いてないのは体験しそびれたやつです(´ω`)<いつか機会あったらやりたひ……

次回OcuFesはなんと六本木!
なんか結構凄いとこでやるという噂が。
日程は6月24日(火)というまさかの平日ど真ん中。
幸いにも僕は休日ですが……。
でも、行って損はありません!
都合付く方は行ってみてはどうでしょうかー(´ω`)ノ

そうそう、豊橋OcuFesの模様は来週月曜日(6月9日)にテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」にて出るっぽいですよ!
なんでもOculus Riftの特集なんだとか。
「興味あるけど見たことない!」って人は一度見てみるといいでしょう~。
プロフィール

黒羽紫鴉

Author:黒羽紫鴉

Q.このブログって何を書くの?
A.3DCG(主にMMD関連)やOculus Rift等のVRなど、適当に書きます。

Q.黒羽紫鴉って誰?
A.MMDモデラーでボカロPで何か絵描きっぽいものです。
 ちなみにP名はR-tenPです。
 MMDモデル関連で言うなら黒羽式の中の人です。
 最近ゲームプログラマに進化しました。

Q.何者だよ。
A.ただの学生です。

Q.お仕事依頼したいんだけど。
A.
rinforzando968✩gmail.com
(☆→@)
へどうぞ。
具体的な内容は仕事関連をご覧下さい。
状態:受付不可

Q.腐ってる?
A.腐ってないので、その手の話は何か話題にならない限り出てきませんのでご安心ください。

Q.他にどんなサイトやってるの?
A.リンク集をご覧下さい。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Count
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。